朝ご飯を食べないダイエットは痩せにくいですよ

ダイエットをしたことがある人は食事制限も経験していると言う場合が事が殆どです。
痩せる事に成功した人と失敗してしまった人の違いは様々ですが失敗した人の多くはきつい食事制限に辛くなり続かなくなってしまったと言う方も多い事でしょう。
しかし、中にはきついわりに効率が良くない制限の仕方をしている方もいるのです。
その1つの例が、朝ご飯を食べないと言う方です。
摂取カロリーを減らすために時間の無い朝に食事を抜くと言う方も多いようですが、1日の活動サイクルを考えるとあまり効率が良いやり方とは言えません。
なぜなら、朝ご飯と言うのは体にエンジンをかける役割があるからです。
解りやすくたき火で例えてみましょう。
大きな火をおこすのにまずは小さな枝や紙類などで種火を起こすのが普通です。
大きな薪にマッチやライターでいきなり火は付かないですよね。
小さな火を効率よく薪に燃え移らせる為に枝や紙類が必要なわけです。
人の体で大きな薪の部分が余計な脂肪だとすると、マッチやライターの火は起床する事で発生する運動エネルギーです。
残るのは種火に使う枝などですがこれが朝ご飯に当たります。
無いと効率が悪いのがよく解ります。
朝ご飯を食べないでいると午前中ずっとぼーっとします。
その間体内のエネルギーは然程消費されていません。
運動しても全力は出せない状態です。
これはダイエット中の人から見るととてももったいない事です。
しっかり食べられなくても朝は必ず何か口にする事が大切です。